2022/06/03 13:32

既に終了している展覧会ですが、展覧会記録としてblogに再掲いたします。

しろこまタオ展 SHIROKOMA TAO “Exhibition No.10 -/&○-“
2021.11/13(土)-28(日)

カラフルで自由な色使いのしろこまの作品は、年代、国、性別を超えて 見る人を楽しませてくれます。 現代性を取り入れつつ、版画をベースにした独自の技術は、表現の幅を広げ、絵画的な作品や、デザイン的表現、またイラストレーションなど様々な表現を可能にしています。今展ではデジタル機材を用いた新作オブジェや、レリーフを中心にご紹介します。デジタルやレーザーカッターを使いつつも、版木を重ね、組み合わせ、着彩、摺り、加工する作業は緻密な手技の世界。新しい版表現の展開を提唱しています。

Shirokoma’s work, full of beautiful colors, will entertain viewers regardless of age, country, or gender. While incorporating modernity, his unique print-based technique expands the range of expression and enables various expressions such as pictorial works, designs, and illustrations. In this exhibition, we will mainly introduce his new objects using digital equipment and reliefs. While using digital and laser cutters, the work of stacking, combining, coloring, rubbing, and processing woodblocks is extraordinary handiwork. He is advocating the development of new edition expressions.












しろこまタオ 
1994年生まれ。版画家。デジタル機材を導入した独自の木版画技法を提唱。 神話的物語性・現代的装飾性・デジタル木版画という3つを主な思索主題とし創作活動を展開。
<2021> 多摩美術大学大学院 修了
<2021>「Exhibition No.9 -◯-midori-2-」(NEWoMan横浜 1F ウィンドウディスプレイ)、「Exhibition No.8 -AOIRO-2-」(NEWoMan横浜 1F ウィンドウディスプレイ)、個展「Exhibition No.7 -○-midori-1- 」(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI /丸の内)、「Exhibition No.6 -midori no jikan-」(KUMA EXHIBITION 2021)
<2020> 個展「Exhibition No.5 -aoiro no jikan-」(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI /丸の内)
<2019> 第63回CWAJ現代版画展(ヒルサイドフォーラム/代官山)、個展「Exhibition No.4 -aoiro・kiiro-」(CONCENTO PARIS H.P.FRANCE 銀座店/東急プラザ銀座)、個展「Exhibition No.3 -aoiro no ie-」 (WATERMARK arts & crafts/国立)、個展「Exhibition No.2 -AOIRO-」(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI /丸の内)、第24回鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展(鹿沼市文化活動交流館・ ギャラリー/栃木)、Roppongi α Art Week 2019(Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi/六本木) 

メールマガジンを受け取る

企画展、on-line展やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。